わたしのいる風景

journal de ma vie

『密会』を観た

とにかくU-NEXTで観れるユ・アインは全て観ようと、次は『密会』。

あの日本の、江國香織の『東京タワー』が原案のドラマです。

わたし妙齢の女性と若い男子の恋愛にちっともうっとりしないタイプなんで『東京タワー』も観ていないし、ユ・アインじゃなければ観ていないだろうドラマですけどね。

 

f:id:journaldemavie:20180524055936j:image

韓国ドラマ「密会」公式サイト

「トキメキ☆成均館スキャンダル」、「チャン・オクチョン」など数々の話題作に出演するユ・アインが本作で演じるのは、20歳年上の女性に恋をするソンジェ役。天才的なピアノの才能を持った純朴でうぶな青年と、抑えきれない愛をぶつける大胆な男との二面性を巧みに表現した。一方、そのソンジェに想いを寄せられるヘウォン役には韓国のトップ女優キム・ヒエ。自ら才能を見いだした教え子からの愛に戸惑いつつも、その激しさに身をゆだねてしまう人妻を熱演した。同世代の俳優とは一線を画す独特の魅力を持つユ・アインと、47歳とは思えぬ美貌と抜群のスタイルで女性たちから支持されているキム・ヒエが、韓国ドラマ史上、最も切なく美しい男女の愛をドラマチックに描く!

(公式サイトより)

 

f:id:journaldemavie:20180524060341j:image

不倫ものは大丈夫でも、若い男子との恋愛ってのに少しアレルギーのあるわたし。

このお相手の、キム・ヒエのキャラクターに随分と助けられました。

 

f:id:journaldemavie:20180524060703j:image

知的なキャリアウーマン、スタイル抜群、お洒落、そしてカラッとした笑い方が好きだなぁと思った。「アハハハ」と笑う姿がとてもカワイイの。

 

f:id:journaldemavie:20180524060933j:image

ユ・アインはとても純朴な青年の役。貧乏だしおとなしめの垢抜けない青年。しかも彼女と出会うまで童貞という。

この前に観たのが少々チャラめのやんちゃくんな役だったので「ん?」と思いながら観すすめたんだけど、またこの役もかなり良いのよ。

やんちゃなヨンゴルも純朴なソンジェも自由自在なのね。

クルクル変わる表情も彼の魅力だけど、今回は終始あまり抑揚の無い表情。でもキチンと感情は伝わってきます。

 

f:id:journaldemavie:20180524061614p:image

貧乏なゆえ独学なのだが、ずば抜けたセンスと才能の持ち主でありまだ原石の彼が、キム・ヒエ演じる夫婦に見出され育てられて行く過程で盛り上がっていく二人。

 

f:id:journaldemavie:20180524062044j:image

ピアノやピアニスト、音大、クラシック音楽などに物語が彩られているのも良し。そこはこのドラマの好みなところ。

どんどんと華やかな場に駆り出されていくのですが、それでもあのもっさい(失礼)男子のままの存在感を醸し出していられるのはある意味すごい。

 

f:id:journaldemavie:20180524062810j:image

f:id:journaldemavie:20180524062826j:image

ふたりの『家』となるソンジェの部屋も古くて汚くて、ヒロインとの生活格差がすごいんですわ。

でもね、彼が綺麗に床を拭いて彼女を部屋にあげたりと気遣うんです。その姿がとても愛おしいの。

 

f:id:journaldemavie:20180524063457j:image

結末は「そうくるかぁ…」って感じだったのだけれど、この時のソンジェの表情良かったなぁ。純粋な彼の真っ直ぐな気持ちがよく出てた。

結末が想像と全く違うのは『ファッション王』もそうだったな。

これぞ韓国ドラマだね。

 

f:id:journaldemavie:20180524064718p:image

これも、ソンジェという彼にまた会いたくなって再度観てしまう気がしてる。

それもあの『家』でひっそりと暮らす彼に。

 

 

ユ・アインはこのドラマについてこう述べています。

f:id:journaldemavie:20180524063314j:image

ユ・アイン“「密会」は僕の人生において最も記憶に残る代表作になるだろう作品” - INTERVIEW - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

 

ストーリーには特に気持ちは残らなかったのだが、このユ・アイン演じるソンジェという役にはかなり気持ちが残ったかもしれない。

ユ・アインは高い演技力と人気のわりに、爆発的な大ヒットにはそんなに恵まれないよね。(視聴率とか)

わたし個人も、もしユ・アインじゃなかったら観ていないだろう作品が多いということにも繋がっているような気がする。

 

 

おまけ。

ところでこのドラマ、各雑誌でグラビアにもなっているようなので拾っておきました。

f:id:journaldemavie:20180524064542j:image

f:id:journaldemavie:20180524064557j:image

f:id:journaldemavie:20180524064618j:image

f:id:journaldemavie:20180524064659j:image

 

こちらはソンジェではなくユ・アインだわね。

 

 

『ファッション王』を観た

ユ・アイン祭りのドラマ評の続きをやっと書き始める。

こういうのは勢いが肝心なのだ。書いたついでに次も書く。(言い聞かせ)

どこから書いてないんだっけ?とさかのぼったらなんと『ファッション王』からだった。もう随分と前に観た気がするんだけども。

※多少ネタバレあります。

 

f:id:journaldemavie:20180523064430j:image

ファッション王|株式会社ポニーキャニオン

ファッション業界を生きる若者たちが愛憎と欲望に翻弄される姿を描くラブストーリー『ファッション王』で、最も注目を集めたのは魅力あふれる豪華なキャスティングだ。主人公ヨンゴルに扮するのはドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』でブレイク、新世代のアイコンとして人気急上昇中の若手俳優ユ・アイン。深みのある自在な演技で、愛に不器用な野心家の若者像を作り上げた。ヒロイン・ガヨン役のシン・セギョンは、純粋でありながら2人の男を惑わす女性を巧みに演じてさらなる成長を遂げた。そして、映画『高地戦』で高い評価を受けたイ・ジェフンが、ヨンゴルと対立する財閥2世ジェヒョクを熱演、“映画界のニュー・プリンス”と称される演技力を見せつける。さらに、今や世界が注目するスーパー・ガールズグループ少女時代のユリが、メインキャストに抜擢され、普段の愛嬌ある可愛らしい表情を封印し、成熟したデザイナー・アンナ役で本格的演技に挑戦、女優としての今後の可能性を感じさせた。異なる個性が際立つ若手スターたちが、複雑にからまりもつれ合った4人の男女の出口の見えないもどかしい恋愛模様を情熱的に演じて、きらめくような輝きを見せている。

ポニーキャニオンのサイトより)

 

うん、もうね。これはユ・アインをひたすら愛でるドラマ。もぐもぐ(咀嚼)。

 

f:id:journaldemavie:20180523074220j:image

ファッション業界が舞台だけにお洒落(かつちょっとチャラい)な彼も楽しめるし、

 

f:id:journaldemavie:20180523074339p:image

やんちゃな役柄のため、状況も表情もクルクル変わってカワイイったらもう。少しでも見逃すことのないよう画面に釘付け状態。てか引き込まれていく。

 

f:id:journaldemavie:20180523074549j:image

ポニーキャニオンのサイトより)

野心を持った若者(ユ・アイン)が財閥やヤクザ絡みな人間たちに揉まれながらサクセスストーリーを夢見るのだが…

 

f:id:journaldemavie:20180523075223p:image

わたしこの財閥2世クンを演じたイ・ジェフンも好きかも。なかなかですわ。

ちょっと調べてみたら彼が主役のドラマもあるようで機会があれば観てみたい。

この役はそんなに魅力的な役どころでもない気がするので、惹かれるところがあったのは彼自身の魅力かな?と。

 

f:id:journaldemavie:20180523075228j:image

少女時代のユリも出演してます。イ・ジェフン演じる彼の元カノというところでしょうか。最初のうちはまだ彼女。

 

f:id:journaldemavie:20180523075750j:image

その後ユ・アイン演じるヨンゴルとも絡んでくるのですが、

 

f:id:journaldemavie:20180523080053j:image

ユリちゃんね、少女時代をよく観ていた10年くらい前(!)はワリと好きな方だったんだけど、この役が暗いのか彼女の演技がイマイチなのか残念ながらちっとも魅力を感じなかったな。

 

f:id:journaldemavie:20180523080216j:image

ヒロイン、シン・セギョン。彼女を観るのは初めてで、この役にもずっと好感を持って観ていたんだけれども、

 

f:id:journaldemavie:20180523080628j:image

後半、二人の男子のあいだで揺れ動き、ブレ過ぎの中途半端な行動にイラっとくるようになってしまった。それはもう

「ハッキリせんかい、ワレェェェ!!!」

って巻き舌で凄み効かせたくなるくらいに。

 

f:id:journaldemavie:20180523080946j:image

そしてこの結末ですよ。

 

f:id:journaldemavie:20180523081744j:image

 

「ウソでしょ!??」

 

と思わず声が出てしまうくらい。

誰もがそう思うんじゃないでしょうか。どう考えても違う結末を、ハッピーエンドを想像し、期待するでしょ。ずっと観ていれば。

※と、この記事はあまりネタバレ過ぎないようにしておきます。

 

f:id:journaldemavie:20180523103710j:image

f:id:journaldemavie:20180523081437j:image

しつこいようですが、これはやんちゃでお洒落で可愛いユ・アインをひたすら愛でまくるドラマだと思う。ワタクシ的にですが。

という意味でもう一回(いやその後数回?)観たいと思っています。

 

f:id:journaldemavie:20180523103731j:image

 

GDに似てると言われていた頃はずっと

「そうかなぁ??」

と思ってたのに、GD兵役の隙にキッチリはまっているというオチ。

 

浮気もブレてませんよー。

 

f:id:journaldemavie:20180523103748j:image

 

武蔵小杉『An Umbrella』溝の口『a la campagne』

ドラマ評が書きたいー!と思いながらも観るばかりでなかなか手がつけられない毎日。

ユ・アイン祭りがわたしの中で治らず、次々に彼の出演作を観ているところなのだが。

またテレビの方も観たいドラマがふたつ始まっちゃって、なんだか収拾つかなくなってきてる。

 

さてこのあいだの日曜日。ちょっと武蔵小杉を本気で調べてみたら美味しいイタリアンに出会えたんです。

 

f:id:journaldemavie:20180523054258j:image

An Umbrella

HOME of umbrella

どうやら人気な上に席数が少なく、予約必至な感じ。たまたまカウンターに運良く滑り込めました。

なのであまり店名を教えたくないのですが。

 

f:id:journaldemavie:20180523054523j:image

カウンターのシャンデリア。

 

f:id:journaldemavie:20180523054605j:image

色が目を惹く一角。

 

f:id:journaldemavie:20180523054726j:image

カウンターは4人のみ。つまりペアなら2組。

テーブル席はすべて予約で埋まっていたようです。

 

f:id:journaldemavie:20180523054850j:image

とりあえず一番安くてシンプルなメニューをえらんだのですが、それでもメインが5〜6種あって悩みましたねえ。どれもこれも美味しそうなんだもん。

パンも美味しかった。

 

f:id:journaldemavie:20180523055051j:image

サラダも美味しかった。

 

f:id:journaldemavie:20180523055139j:image

わたしは悩みに悩んだ末に、生サラミとズッキーニのアマトリチャーナブカティーニ)をチョイス。

 

f:id:journaldemavie:20180523055302j:image

こちらは友人が選んだなんちゃらのリゾット。

(自分のメニュー名だけで精一杯)

 

f:id:journaldemavie:20180523055435j:image

デザートのティラミスはコーヒーの香り。わたしの中では意外だったんだけど、いちごソース、見事に合ってました。うーむ。唸る。

どれも美味しかった。もう美味しいとしか言えん。

ここもメニューをいろいろ食べてみたいなぁ。

ちょっと通うかもしれない。

 

買い物を済ませて、

 

欲しい洋服のサイズを探して溝の口へ移動。

お久しぶりです、溝の口

 

f:id:journaldemavie:20180523055806j:image

あまり知らないんだよね、溝の口

数回しか経験ない。

だいたいノクティと丸井しかわかんない。

で、無事望みのものをゲットしたあとは、

a la campagne

à la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)

丸井にあるカフェです。

粋な吹き抜けのある南仏プロヴァンス風の好みな空間。いいぞいいぞ。

 

f:id:journaldemavie:20180523060411j:image

ランチにデザート付いてたんだけどね。

またダブルデザートになってしもた。

ここも初めてでケーキ選びを迷ったなぁ。

結局えらんだのはレモンパイとアールグレイのアイスティー。

 

f:id:journaldemavie:20180523060726j:image

友人が選んだこのパイナップルのタルトとどっちにしようか最後まで悩んでた。

わたしが選んだレモンパイは結構すっぱく、こちらのパイナップルのが甘かったわ。

一番人気はいろいろなフルーツが乗ったタルトのようだったけれど、それ以外でいろいろ悩ませてくれたほど楽しいメニューだった。

神戸発のパティスリーのようですね。

 

というわけで、武蔵小杉。東急スクエア、ららテラス、グランツリーなどの駅前のショッピングモール群を離れてもちょっと面白そう。

もうちょっと掘り下げてみようかな。

 

 

 

最近のひとりごはんとちょこっとランチまとめ

カメラロール整理のために、ちょこちょこ撮っていた残りものごはんや、記事を書くまでもなかったランチの写真を。

 

f:id:journaldemavie:20180513201610j:image

鶏そぼろごはんの次の日、炒り卵を足して。

話題のサラダチキンなるものを初めてサラダ用に買ってみたよ。サンドイッチや冷やし麺などにも手軽にいいかもね。

たしか寒い朝だったのでインスタントだけどお味噌汁を足しました。

少し暖かくなると、家族はあまりお味噌汁を飲まなくなるのでカラダが冷えやすいわたしだけのためにインスタントを常備してます。

 

f:id:journaldemavie:20180513201626j:image

ナポリタン、枝豆と炒り卵の混ぜごはんなど、残りもの詰め詰め。

枝豆の美味しい季節になりました。

今年も早よからハマっています。

 

f:id:journaldemavie:20180513201648j:image

ずっと、この残りものde朝ごはんシリーズはお弁当風に仕上げるのが楽しかったけれど、最近は小皿に小分けが使いやすいと気付いた。

これからお皿を買う時は小皿や豆皿にしよう。

 

ちょこっとランチ。

 

f:id:journaldemavie:20180513201721j:image

『かごの屋』の天ざる。

和食・しゃぶしゃぶ かごの屋 | 和食・しゃぶしゃぶ かごの屋

 

f:id:journaldemavie:20180514075624j:image

選べるデザートセットからこのショートケーキとオレンジシャーベット(だったかな?)。

友人は抹茶や餡の和風のデザートをチョイスしていたと思う(適当)。

 

f:id:journaldemavie:20180514075640j:image

初『gram』。

cafe & pancake gram|パンケーキを中心としたカフェgram(グラム)

ちょっと休憩する時に友人とシェアしたのですが、gramはあのふわふわのプレミアムパンケーキを選ぶべきだったかなと後で後悔。

やっぱり最初はそこのウリを選ぶべきだよね。

 

f:id:journaldemavie:20180514075704j:image

新大久保、コリアンタウン。

久しぶりに『カントンの思い出』。

カントンの思い出トップページ | 新宿・上野・新大久保 韓国路地裏食堂 「カントンの思い出」

チーズタッカルビ病を患っています。

ここといえば大好きな海鮮チヂミはハズせないと普段うるさいわたしですが、今回初めて注文しなかったな。

それくらいチーズタッカルビが食べたかった。

『でりかおんどる』は日曜のランチなんてとんでもないものね。行列が。

おんどるの、あの、うどんぽいのが入ったチーズタッカルビが食べたい。

トッポギがイマイチ苦手なんである。

 

 

おまけに昨今のハマりものをひとつ。

テレビの紹介で知ったのだが、

f:id:journaldemavie:20180514075737j:image

カルディのコーヒーホイップクリーム

【オリジナル】コーヒーホイップクリーム | 新商品情報 | カルディコーヒーファーム

 

f:id:journaldemavie:20180514075808j:image

拾い画ですが、こんな風にパンに塗っていただいているのですが、甘いだけじゃなくちゃんとコーヒーの苦味があるところにハマってます。

テレビで紹介されたので店によっては売り切れちゃってたりするんですけどね。

 

 

自由が丘から東京ミッドタウン日比谷、KIHACHIのエリザベスパイ

ポケモンGO→家事→ポケモンGO→家事、な日々に少々お疲れ気味。

やっとGW最終日を書きます。

 

ランチは最近どハマりしている『仁松庵』(にしょうあん)。

またもや自由が丘へ - わたしのいる風景

自由が丘と目黒川の桜 - わたしのいる風景

三度(みたび)『仁松庵』、DULTON、パリ・セヴェイユ - わたしのいる風景

ブログってホントに便利。まさに日記。

過去3回、今回が4度目です。

 

f:id:journaldemavie:20180512033634j:image

チョイスは2度目と同じ、いろいろ揃った特別定食(だったかな?)。

この日、焼魚定食類も煮魚定食も魚がイマイチ好みではなかったのでこちらを選びました。

前回これを選んだ時は焼魚が少し硬めでちょっと残念だったのだけど、今回はふっくらと柔らかくて美味しかったです。

天ぷらも油が良いのかすごく軽いし、お刺身は肉厚で脂が乗っていてスバラシイんだ。

 

ランチを済ませたあとは、東京ミッドタウン日比谷へ。

オープンから「人、多いんだろうなー」と気になりつつもスルーしていて、やっと。お初です。

 

f:id:journaldemavie:20180512034454j:image

ざっと回っただけですが、立地といい、ショップのセレクトや館内の雰囲気がいい感じ。好きかも。

日比谷はあまり経験が無い街なので、これからここを中心にゆっくり楽しみたいかもです。

 

f:id:journaldemavie:20180512034738j:image

f:id:journaldemavie:20180512034755j:image

高級感。お洒落。

歩いてる人が違ったなぁ。

いろいろと非常にお勉強になります。

ニューヨークの人気店「ブヴェット」日本初上陸、日比谷の新商業施設「東京ミッドタウン日比谷」に - ファッションプレス

自由が丘でお腹いっぱいになっていたので残念ながら食事は無理だったのですが、ちょっとここが気になりました。

日比谷だけど、ニューヨークかパリかという風情。

 

 

f:id:journaldemavie:20180512035503j:image

f:id:journaldemavie:20180512035520j:image

iPhoneより)

とにかく次は平日昼間の人が少ない時がいいわ。

地下も気になったけど上の階に増して人が多そうでやめちゃった。

 

そしてここで、

「そろそろKIHACHIのエリザベスパイが始まってるんじゃない?」

と重大なことに気付く。

ググる

始まってる。

ということで外苑前にそそくさと移動。

(甘いものは別腹)

何故気付いたかというと、日比谷シャンテに外れて歩いていたらKIHACHIカフェの前を通りかかったからなのだ。

そういえば日比谷シャンテといえば、

 

f:id:journaldemavie:20180512040508j:image

ティム・ホー・ワン(添好運)公式サイト - Tim Ho Wan Japan Official Website

ここも気になってますからね!いつかは!

この日はさすがにすごい行列だったけど。

 

話それまくり。

 

外苑前。

青山本店 | Restaurant KIHACHI

 

f:id:journaldemavie:20180512040751j:image

ここの黒人の店員さん、カッコイイ。

銀縁眼鏡がお似合い。

 

f:id:journaldemavie:20180512040920j:image

渡されたメニューには見つからず「もしかして無いの!?」と一時は落胆したものの、黒板に無事見つける。

 

f:id:journaldemavie:20180512041028j:image

美味しかったー。

無事ことしもこれをいただくことが出来ました。有り難やありがたや。

これもすっかり一年の行事となっております。

 

『シカゴ・タイプライター』を観た

ただいまBSジャパンで再放送されている『シカゴ・タイプライター』。

話半ばで続きを我慢できなくなり、U-NEXTで課金して観終えました。

どうしても観たいのって当然のように課金物件なのよね。敵もよく分かってらっしゃる。

 

※ネタバレあります。視聴中の方は注意!

 

 

f:id:journaldemavie:20180510044756j:image

韓ドラ☆シカゴ・タイプライター ~時を越えてきみを想う~|BSジャパン

古いタイプライターから始まった愛の奇跡
80年の時を超えた運命の出会い。

 

f:id:journaldemavie:20180510045244j:image

謎の古いタイプライターが結びつけたのは、ベストセラー作家ハン・セジュ、謎のゴーストライター ユ・ジノ、ハン・セジュの熱狂的なファン チョン・ソル。
三人に起こった奇跡とは・・・。

 

f:id:journaldemavie:20180510045328j:image

韓流スターにも劣らない人気ベストセラー作家ハン・セジュ(ユ・アイン)は、燃え尽き症候群に悩まされる日々を送っていた。そんなある日、アメリカのシカゴで古びたタイプライターと出会い、後にこのタイプライターがセジュの家に届けられることになる。そしてそれ以降1930年代の幻を見るようになった。
ある日、セジュが交通事故に遭い、怪我で執筆作業が出来なくなった間に、誰かがセジュになり代わり「シカゴ・タイプライター」という連載を始める。その小説がまさかの大ヒットを記録し、完全にスランプに陥ったセジュは作家としての自信をなくしていく。
さらに自分がゴーストライターだという謎の男、ユ・ジノ(コ・ギョンピョ)が現れ、「スランプを克服するまで小説は自分が書くから、その代わりに俺の女に手を出す男たちを止めてくれ」と提案される。ジノの「俺の女」とは、セジュの熱狂的なファンで、ストーカーではないかと疑っているチョン・ソル(イム・スジョン)であった。ジノに代わりソルを守っていたセジュだが、おかしなことにだんだんと彼女に惹かれていく自分に気づくのであった…。

BSジャパン公式サイトより)

 

f:id:journaldemavie:20180510045424j:image

とりあえず、もうっっね、

ユ・アインが超絶かわいい!!!(個人の見解です)

GDに似てると言われて、なるほどと思う反面同じくらい「それほどでもねえ」と思っていたのですが、ドラマで動く彼を観ていると時折表情がよく被るんですよね。ホントにね。

 

f:id:journaldemavie:20180510045826j:image

このドラマ、数作おもしろく観た、前世と繋がる縁もの(そういうジャンルにまとめたった)なんですけれど、最初は良縁かと思いきや徐々に悪縁の強さにドロドロとしていくストーリー。

『青い海の伝説』を思い出しちゃった。

『青い海の伝説』を観た - わたしのいる風景

 

f:id:journaldemavie:20180510050428j:image

f:id:journaldemavie:20180510050444j:image

始めのうちはコミカルな場面も多く和むんですけどね。

 

今回でコ・ギョンピョの名前を覚えました。

すっかりユ・アイン堕ちしてるわたしですが、このドラマは彼と彼女(イム・スジョン)がとても良い。

 

f:id:journaldemavie:20180510050754j:image

ユ・アインが主役だが、ストーリー的にも彼が主役でもおかしくない流れ。

この方『嫉妬の化身』の時は、いいんだけど何かもうひとつ足りない感じがしていたけれど、このドラマでわたしの中で急上昇しました。

 

f:id:journaldemavie:20180510051105j:image

イム・スジョン。

彼女は初めて観たけれど、なかなか良かった。アイドルのガールズグループにいそうな顔だけど、純粋に女優なのね。

後半コ・ギョンピョと共にがっつりと観入らせてくれました。

 

f:id:journaldemavie:20180510051312j:image

前世、三人は日本からの独立に燃える運動家という設定なので、前世の映像には日本語や日本人(警察)も描かれています。風景には当時の日本の文化も多少見える。

もうこの後半の前世のストーリーがとても泣けました。

 

f:id:journaldemavie:20180510051627j:image

ユ・アインは表向き小説家を目指すひとりの青年なのですが、

 

f:id:journaldemavie:20180510051727j:image

もうひとつの顔は運動家グループの頭領。

 

f:id:journaldemavie:20180510051824j:image

前世のストーリーのピークを要約しますと、日本の警察に捕まったイム・スジョン演じる彼女を、彼女に惚れているコ・ギョンピョ演じる彼が助けに行くのですが、

そこで彼女を助けたいなら頭領の名前を言え!という交換条件を出されてしまうんですね。

最初は自分が頭領だと身代わりに出頭するのですが彼ではないと見破られてしまうんです。

そして目の前で彼女が拷問のすえ殺されそうになった時、耐え切れず、とうとうユ・アイン演じる頭領の名前を泣きながら告げてしまうんです。

もうこの場面、号泣ですよ。

そしてその結果ユ・アイン演じる頭領は日本人警察に追われ、自決してしまうという重い前世。

そしてまたそれだけでなく、

イム・スジョン演じる彼女が、グループや頭領を裏切った罪で、助けてくれたコ・ギョンピョ演じる彼を掟破りだと殺してしまうのです。

それが掟だと、彼もキチンと受け入れるのです。

 

f:id:journaldemavie:20180510053106j:image

そうして最愛の女に殺されてしまうというなんとも悲しい結末のコ・ギョンピョ演じる彼が、その前世の謝罪と約束を果たすために幽霊となって現世の二人の前に現れたというのが粗方のあらすじ。

前半はその三人の現世の出会いがコミカルで面白い。「前半はつまらない」という評判をかなり見たけど、わたしは前半から楽しく観てましたね。

まあユ・アイン可愛さ観たさからかもしれませんが。

 

 

f:id:journaldemavie:20180510053657j:image

現世では人気作家。

 

f:id:journaldemavie:20180510053722j:image

コ・ギョンピョが飛び抜けて背が高いからかなぁ。

ユ・アインが小さく見えちゃって。

 

f:id:journaldemavie:20180510053826j:image

それからこれはおまけ話なんですが、ユ・アインてキスシーンがちょっと無骨じゃありません?

この後に観た『ファッション王』でもそう思ったんですよ。

 

そうそう、このドラマによりわたしの中でユ・アイン祭りがワッショイワッショイみこしを担ぎ始めたので、続けて『ファッション王』も観たのです。

 

f:id:journaldemavie:20180510080458j:image

次のドラマ記事はとにかくかわいいユ・アインでお送りします。

 

ユアイン かわいいよ ユアイン。

 

 

武蔵小杉に『Dai』が出来てた

さてこれもGW中のおはなし。

武蔵小杉で一日過ごすことになったワタクシと友人、まずは腹ごしらえのランチへ向かうのだが、この日は特に何も決めてなく目当てもなかったので少し放浪することになり。

いつもならグランツリーでだいたい済ませるのですが、グランツリーって… お食事系がイマイチだと思いませんか。

いや美味しいお店もあるんですが、そういう人気のお店は行列も必至でして、どうもグランツリーのレストランとはあまり相性がよくないんです。

 

そこでお天気も良かったので少し外側に外れてみることにしました。

 

そうしたらば!!!

 

f:id:journaldemavie:20180509081404j:image

なんと、前にたまプラーザで教えて貰ったアジアンビストロDaiが武蔵小杉にもあるではありませんか!!!

たまには外れてみるもんだー。サービスもコスパも良くなかなか美味しかったんですよね、ここ。

 

f:id:journaldemavie:20180509081439j:image

PLEASURE-COMPANY【プレジャーカンパニー】

こうして見ると、結構あちこちに展開しているんですね。

フーズチャンネルにこんな記事がありました。

郊外の悪立地でも大人気。『アジアンビストロDai』の出店戦略を支える若手従業員の育成法~株式会社プレジャーカンパニー|フーズチャネル

 

f:id:journaldemavie:20180509081841j:image

テラス席もあり、道路側が全面開放された店内。

 

f:id:journaldemavie:20180509083723j:image

今くらいの季節はとても気持ちが良いですね。

(これを書いている今日は寒い雨の日ですが)

 

f:id:journaldemavie:20180509082351j:image

ランチメニューから、

 

f:id:journaldemavie:20180509082401j:image

お約束のパッタイと、

 

f:id:journaldemavie:20180509082418j:image

前にたまプラーザ店を訪れた時には完売していて食べられなかったカオマンガイ(ここでは海南チキンライス)をチョイス。

ここのカオマンガイ、見てのとおりすごく鶏肉がしっとりと柔らかい。

たれも美味しいです。チリソースとお醤油ベースと、もうひとつの生姜とオリーブオイルと塩(?)のシンプルなお味のたれが良い良い。

ひとつワガママを申し上げるなら、わたし的にはジャスミンライスはもう少しパサッとした舌触りが好きかな。

香りは好きな程度ですが、ジャスミンライスもしっとりと柔らかめでした。

 

そしてここは、食前と食後、2杯ドリンクが付いてくるんですよね。

たぶん前もそうだったと思うんだけど、食前には何かのフレーバーのお茶、食後はコーヒー系というパターンの選び方をしました。

 

 

友人とふたりしてZARAでお買い物のあとは、

おまけと言っちゃ、なんですが

 

f:id:journaldemavie:20180509083745j:image

Afternoon Tea TEA STANDで休憩。

TEASTAND | Afternoon Tea

 

f:id:journaldemavie:20180509083752j:image

このTEA STAND、今のところここ武蔵小杉のららテラスにしかないのかな?

あまり見ないよね?

TEA ROOMなら各地に見るけれど。

 

f:id:journaldemavie:20180509083809j:image

暑い日だからといって冷たいものを欲張りすぎたかしらと夜にカラダが冷えて後悔もしたのですが、

ブルックリンソーダのブルーベリーレアチーズ、美味しかったです。

 

f:id:journaldemavie:20180509094501j:image

※3種類ありました。ご参考までに。

 

大人になってからずっと炭酸飲料が苦手だったんだけど、まさかのこの年齢でまた少しずつ好むようになるとは。

暑くなると、水より炭酸水を飲みたくなるようになっておりますこの頃です。

 

しかし武蔵小杉は便利になったよね。

昔から知ってる身としては、嘘みたいな繁栄だ。